DELI HAIR

キャリアプランのメリット 

将来のビジョンが明確になる

 

最初から将来設計が

出来ている人はまれです。

なんとなくこうなれたらいいなぁでは

なんとなくもなれません(笑)

 

人は自分がイメージする以上の

行動は出来ないのです。

 

出来る事はどうやったらできるのか?

それを知ってプランをつくる

それだけで自分の未来が明るくなると思いませんか?

 

 

月1回の個人面談でサポート

 

そうはいっても、最初の2.3年は

うまくいかない事の方が多い。

当然です。初めてやる事ばかりだから

 

でも、出来ないと出来る途中は違います

出来ないは=やらない

出来る途中=これが失敗です。

失敗は出来る途中なので、やり続ければ

出来るようになるのです。

 

何故そうなったのか?

だから次こうしてみよう!

失敗の経験を次に活かしながら

プランを軌道修正をしていく

 

そんな前向き発想が

この個人面談の目的です。

 

 

独立の話が堂々と出来る

 

独立に関して揉めることが多いのは

この業界に限らずどこでもある話です。

最初から10年後に卒業してねっと

計画しておけばいい話なのです。

苦労を共にしたメンバーと

明るい将来の話が出来ないことほど

悲しいことはありません。

 

 

評価の基準が明確!

 

出来る、出来ないの基準は何?

「技術」ってなにを指すのか?

そんな事思ったことないですか?

例えば

一指し指と親指で5センチって見せても

10人いればみんな違います。

要は、どのように頑張ればいいのかを

キチンと示すことが大切なのです。

技術とは

出来ない事が出来るようになる事

同じ結果なら1秒でも時間は少なく

だから、出来る事を増やすことと

早くできるようになること

この2つだけ頑張れば

評価してもらえるのです。

変な根回しなど必要ありません。

 

 

⑤プライベートの計画も出来る

 

プライベート?関係あるの?

多いに関係あります。

このキャリアプランには、

独立以外に結婚、出産、旅行など

仕事以外の事もプランします。

仕事のモチベーションなんて

プライベートな事がほとんどです(笑)

 

プライベートがうまくいかないと

仕事にも影響するものです。

人間はそんな神ではないのです。

 

勿論、そのとおりいく事は仕事より

確立はおちるでしょうが(笑)

仕事で鍛えれば、

こちらもきっといい影響が

あることは間違いないでしょう!

 

 

何でも、実現可能な感じがする

 

これは感じではなく

本当に可能になります。

出来ないことが出来るようになる

あんなに時間がかかっていた事が

あっという間にできた。

人は自信があるから出来るのではなく

出来た事で自信を少しづつ

つけていくのです。

今、1で明日100になることは

出来なくても

毎日1づつやっていけば

100日後には、100になれる

だから毎日、何をしていけばいいのか

を計画すればいい。

それが、キャリアプランです。

 

 

独立しない人もオーナーになれる

 

キャリアプランには独立しない

という選択も出来ます。

 

サロンで役員として残り、

デリヘアーの経営幹部を

目指してもらいます。

現在役員希望のスタッフが

いますので

「どうせやるなら社長を目指せ」

と言っています。

 

経営者になると美容のお仕事以外に

やらないといけない事が

山のようにあります。

それより美容を極めたいという人や、

結婚や出産、育児をしながらの

サロン経営は本当に大変です。

まわりの手厚いサポートがあれば

別ですが現実はなかなか厳しい。

大きい借金をせずに経営に参加できる

メリットは大きいと思います。

 

長期的な目標でもある

サロンの理想は、

スタッフ自身によるサロン運営なので

独立希望者でも、役員希望でも

経営の勉強はみっちりさせます(笑)

 

 

厚生労働省の「JOBカード」活用

 

先程の評価制度と連動しているのですが

教育工程もきちんと分類しています。

 

この位の規模のサロンにしては

キチンとしていますねといわれますが

小さいサロンは行き届いた指導が

強みなのに、何が伝わったか?より

何を話したか?が目的になりがち。

 

教育は、受けた側に重点をおかないと

機能しないので、受けた側が

受けたとおりに出来てOKという

仕組みが必要。

それがこの「JOBカード」です。

 

デリヘアーは厚生労働省の

人材育成奨励事業所の認定を

受けています。

 

要は、労務管理、教育制度、を整えて

受け入れ、支援、定着、発展させる制度

の普及を公的機関として応援します。

ということなのです。

助成金が受けられるので、小さいサロンでも

ゆっくりじっくり教育が出来るのです。

 

そのかわり審査がすごく厳しい。

税金の滞納から解雇歴など

あらゆる調査があります。

 

最近はこの制度を悪用する

企業が多く審査が厳しくなりましたが

永い実績があるのと

キレる社労士さんのおかげで

迅速な対応と手厚い教育が

受けれるのです。

 

「JOBカード」を活用する理由

はもう一つあります。

もし、ウチがなにかあっても、

JOBカードの認定があれば

スタッフを守れるのです。

 

例えば、ウチが倒産します(笑)

そうすると、職場がなくなるので

スタッフが就活します。

その際に自分のスキルを

証明できるのです。

 

前のサロンでこうゆうのやってました

と言っても、やり方はサロンそれぞれ。

どういうレベルでどれ位のことが

どれだけ出来るのかが分からないと

給与や待遇で損をしてしまう。

 

デリヘアーではなく、公的機関が

証明する事とそういう人を雇用すると

雇用する側にもメリットがある。

JOBカードはそんな目的があります。

 

「そこまで考えるの?」と言われますが

他人を預かるのですから当然です。

経営者には雇用を創出・維持する

責任があるし、あらゆる努力をしますが

それでも、これからの世の中は

自分ではコントロール出来ない

想定外の事が起きないともいえない。

 

スタッフのことを大切に考える

そして自分には何が出来るかを考える

 

こういう備えを積みあげていくことが

環境を整備していくことだと思います。

 

キャリアプランのメリット その③

③独立の話が堂々と出来る!

 

いつかは自分のサロンを!

っと思う人はそういう話を経営者と

早い段階でするべきだと考えます。

早くても5年前から

遅くても3年前ですね。

 

何故なら

美容師としてはそれなりの

一人前になっても

経営者としてサロンの

運営がうまくいくとは限らない

 

だから

スタイリストの勉強は勿論ですが

マネジメント(経営)の勉強も

しっかりさせます。

それと、資金的なこともありますけど

これからは独立して軌道に乗せることが

本当に難しくなっていきます。

大切なのは、

サロンを出す事ではなく

潰さないことなのです。

「手に職つければ」

ごはんは食べていける

という時代は終わりました。

実際、廃業した知り合いなんか

何十人といます。

髪を切る事と

サロンを運営していく事は

スキルが違います。

だから、勉強すればいいのです。

 

それと、この業界は独立に関して

もめることが結構多い。

結局、どちらにも良い事ないし

お客様に一番迷惑がかかります。

 

明るいこれから未来の話が

出来ないなんて悲し過ぎます

だから最初から独立する前提で

プランをたてておけばいいのです

 

将来の話は

明るく、でっかく、まっすぐに

これがウチの基本スタンスです!

 

 

 

②キャリアプランについて

 

キャリアプランとは

今後、仕事をとおして

どんな人生を歩んでいくのか?

それを計画することです。

 

それだけじゃわからないので(笑)

詳しく説明していきます。

 

目的

 

自分が目指す夢、ビジョン、理想

などを実現させ、仕事をとおして

人生を豊かに送るため

 

キャリアプランの特徴

 

①将来のビジョンが明確になる

②月1回の個人面談でサポート

③独立の話が堂々と出来る

④評価の基準が明確!

⑤プライベートの計画も出来る

⑥何でも、実現可能な感じがする

⑦独立しない人もオーナーになれる

⑧厚生労働省の「JOBカード」活用

 

それぞれ、説明していきますね。

 

①について

 

なんとなく過ごしていても

人は成長しません。

 

時間には限りがあります。

皆さんは10年後は30歳です。

 

キャリアプランを作ると、いわゆる

「何がやりたいのか」病は起きません

自分には「何が出来るのか?」

という発想になるからです。

 

人材育成とは、

いちはやくスタッフを

プロフェッショナル化すると

いうことです。

 

ここでいう、

「プロ」とは、優れている事ではなく

お金をいただけるという

レベルや、価値を提供できる

という事です。まずは、

「プロ」として相手に認めてもらう。

その為に何が出来て

何が出来ないのか?

 

出来る事はより磨いて

出来ない事は、どうやったら

出来るのかを考えてる

 

そういった事を計画して

紙に書くだけなのですが

自分のポテンシャルや考えを

見える化する事が本当に大切です。

 

 

 

 

 

①社会保険について

Q,

就職はやっぱり、社会保険加入の

職場がいいでしょうか?

 

A、

結論から言うと

そうですね。

無いよりあったがいいでしょう。

 

ガイダンスでも言ったのですが

希望するサロンに社会保険がない時は

「今後、導入は考えてますか?」

「病気や事故にあった場合は?」

と、聞きましょう。

民間の保険に加入して、そこら辺の

カバーをしているところもあります。

 

ここら辺がお金を出して学ぶ「学生」と

お金をもらって学ぶ「社会人」

との違いなのです。

 

・・・・・・しかし、・・・・・・

 

これは、個人事業主の場合です。

 

まず、基本的な知識から。

株式会社や有限会社などの

法人会社組織は社会保険の

加入が義務づけられています。

 

だから、

社会保険に加入していない時点で

法律違反しているのです。

(いわゆるブラックってやつ?)

 

ちなみに

当サロンは個人事業主で、

従業員5人以下ですので

社会保険加入は任意です。

 

法的な義務はないのに

何故加入したのか?

 

大きくわけて3つあります。

①結婚して出産するスタッフがいる

②将来、法人(会社)組織を計画中

③10年間のキャリアプラン作成

 

①について

そのスタッフはキャリアプランでは

将来の役員志望なので、出産後も

バリバリ働く気満々なので、育児を

しながら大好きな仕事が安心して

できる環境整備が必要と感じました。

 

②について

家族経営なら今のままでいいですが

最終的にはスタッフによる運営が目的

なので、きちんと会社組織にしておく。

別に会社を大きくするつもりではないの

ですが、「強小弱大」の考え方により

小さくて強いお店を目指しているからこそ

責任の所在をはっきりさせておくことが

目的です。

 

③について

3年前に経営計画方針書を作り

キレイになる人も(お客様)、

キレイにする人も(美容師)

ながく楽しめる美容の提供

という営業方針を決めました。

そして、「技術磨き、人間磨き」

という教育理念(考え方)を元に

教育方針、教育計画を作成し

そこで出来たのが10年間の

キャリアプランです。

これについては

後程、説明します。

 

大好きな仕事を少しでも永く

続けるには環境が重要です。

人は不安があると

能力を十分に発揮できません。

なので、安心して働けるように

社会保険の加入を決めました。

 

けど、これが結構大変だと分かり

すぐにはできませんでしたが、

3年かけてようやく加入できる

環境が整いました。

(それに伴い新な課題もうまれました)

 

結局、

社会保険も含めスタッフの環境整備は

そのまま、会社のスタッフへの

スタンスとも言えます。

 

「ウチはすぐ、人が辞めるから

そんなの加入したって意味が無い。

その分給与は高めに出している」

と言う方もいます。

 

「いいサロン」の定義づけは

いろいろあります。

 

あればいいけど、だからいいわけで

ない時もあるし。

そのないものを、遥かに上回る

何かがあれば、ない事の

デメリットはかすむ事もあるし。

 

あるにこした事はない。

ある所は相当の努力をしている。

努力しているサロンで働きたいか?

そうでないサロンで働きたいか?

 

皆さん、いかがでしょうか?

 

 

 

 

就活で気にして欲しい5つの事!

 

先日、美容学校の就職ガイダンスに

お招きいただきました。

 

 

採用に関しては、今年は

力をいれていきたい事の一つ!

スタッフ全員で参加しました。

 

 

武田・・・デリヘアーが求める人材

米村・・・当サロンで働くメリット

三嶋・・・入社後3年目で感じる学生時代との違い

 

それぞれ、プレゼンしてもらい

最後に僕からアドバイスというか

幸せな就活になればということで

「就活で気にして欲しい5つの事」

という題目で話させていただきました。

 

① 社会保険について

② キャリアプランについて

③ 教育方針

④ 経営理念

⑤ その浸透度(営業方針など)

 

初めて勤める職場は

今後の美容人生において、とても重要!

 

一つずつ、丁寧に説明していきます!

 

 

<< 1 2 3 4 >> 4ページ中2ページ目