DELI HAIR

経営方針発表会

先日は年に一度開催している

経営方針計画書の発表会でした。

 

今回で3回目になる発表会ですが、

デリヘアー単独の発表会ではなく、経営の勉強を

一緒に学んでいる仲間との合同発表会です。

 

基本的には自社のスタッフ向けの内容なのですが

異業種ならではのフィードバック(意見、指摘)

などが特徴的です。(特に経営者仲間からの・・・)

 

同業だったら絶対出ない提案、指摘、質問の数々

毎回発見の連続で、ハラ落ち(納得)しまくりです。

昨年のスローガンは「伝え力」でした。

前回の発表会のブログです↓

カテゴリB_OWNER

今年のテーマは「凡事徹底」!

平凡なことを、非凡な程やる。

数字や成果を追っていくのではなく、

行動を徹底して追っていく。

今回の方針書の1ページ目に

こんなメッセージを入れました。

 

ここに書かれた目標・方針はみんなが参加して、

作成したものですが、最後の利益責任は

社長1人にあります。

社長の務めはスタッフにやりがいのある仕事ができる

環境を整えることであり、その結果、成果が得られれば

スタッフみんなのお手柄です。

したがって実行する主役であるスタッフ1人1人に

実施責任を持っていただきます。

 

 

初めの頃は

やりたい事、やらなければいけない事、

たくさん書いていました。

その方が、見栄えがいいからです。

しかし、今は結構シンプルです。

勉強会のなかで計画表のふりかえり

軌道修正する勉強会もあるのですが、

あまりにも現実から離れ過ぎていて

修正どころじゃない(笑)

ポジティブシンキングで書いてしまう、

走り書きの妄想日記ならそれでいいのですが

おくまでも現実化させる為の計画書。

金融機関にも提出するので、

お金のプロに説明出来る内容でないとですね。

 

しかし、シンプルにしたまではいいのですが

この計画表を作って終わりではなく、

どう重みを付け、活用するにはどうしたらいいのかと

ずっと考えている時に、ふと目にした言葉に

ハラ落ちして加えた冒頭の一文です。

 

この発表会をとおして生まれて

実現したこともいくつかあります。

スタッフやみんなに宣言して

「出来たらいいなぁ」から

「どうやったら出来るかな?」

と思考が変わっていきました。

 

入社式&スタッフ合宿の導入

クラウドカルテの導入

会員制の導入

賃金連動型の評価制度

そして、今年は念願の

「社会保険」導入です。

 

小さなサロンは、出来る事は限られているけど

小さいことを出来ないわけ理由にしたくないし、

小さいから出来ることを極めていきたい。

だから、必要なことは優先順位をつけて

こつこつやっていく。

出来ないとあきらめたらそこで止まる

そう思うのです。

 

その為に費やした時間とお金は、

明るい未来への投資。

その歩みは蟻のようなスピードですが

着実にまえに進んでいます。

この経営方針計画書の作成は

その事を実感させる唯一のツールでは

ないのでしょうか。

 

尚この経営方針計画書の推進に

関する経営の仕組み化の勉強会が

「ハラ落ち会」

経営方針計画書の推進を毎日業務へ

いかに落とし込むかをスタッフ同士で

考える勉強会が「理念と経営社内勉強会」

という位置付けなのです。